2016年07月19日

無名的小花

在細碎的時光裏,每個生命或多或少,都會在這個世界上留下自己的身影,有最美,也有凋零,有最溫暖的相遇,也有最淒涼的別離,但是,無論怎麼樣,這一切都會隨著時間而淡去,讓生命回歸到當初的平靜。

——子墨

四月之末,原野裏走走,你會發現很多叫不出名字的花朵,不名貴,卻開得那麼恣意燦爛,讓人好生喜歡,也讓人心生敬意。無名的花兒實屬平凡,不卑不亢,不引人矚目,卻能努力地綻放自己美麗的姿態,渺小之中,更顯風雨中的堅強。

有時候想想,如果生命可以選擇,我希望做一朵無名的小花,不需要誰給冠名,也不需要生長在溫室,更不需要站在輝煌的殿堂之上,我願意在自然世界裏,恣意的生長,自由的開花,輕輕吟唱著自己的優雅和燦爛,然後默默的平淡離去。

這樣的願望,既是一種世故的沉澱,也是一個心靈的回眸,在走過的山水裏,我懂得什麼是最美,在繁華與荒蕪之間,我懂得什麼是長久,究其結果都莫過於一個幽雅的“淡”字。

一個“淡”字,水與火的交合,道出了經受煎熬之後的收穫;一個“淡”字,火熱的情感,也需要水來降溫,道出了冷暖相伴的平衡;一個“淡”字,既是靜水深流也是浴火重生的寫照。

我願意生命淡雅如花,如果我是一朵無名的小花,我會將欣喜寫在臉上,不會去承載太多的讚美和榮耀的負累,淡淡的來,淡淡的去,感恩陽光,感恩風雨,感恩生命的過程,將美麗交付於歲月珍藏。

如果我是一朵無名的小花,本心簡單快樂,我不會去怨恨什麼,我會慶倖這個世界因為有我,而多了幾分魅力和芬芳,也慶倖自己曾經來過這個美麗的世界,無需讓人記住,但是,我會為自己付出的所有而驕傲。

如果我是一朵無名的小花,我會用一生去踐行生命淡淡的內涵,接受雨水的滋潤,帶著火一般的熱情,去擁抱世界,去渲染自然,用一顆赤子之心,在塵世煙火中,盡力的做到從容淡然,而呈現出自己的獨特之美。

做一朵無名的小花,我會將美麗融進自然世界,聽從命運的安排,在陽光下燦爛,在風雨中優雅,不是國色天香,沒有水蓮溫婉,只有一顆淡然的心,就可以讓我在時光中成為一道別樣的風景。

無名的小花,要懂得自己堅強,不會有誰為我們的憂傷買單,我們要努力的活在陽光下,黑暗來時,蜷縮起來自己給自己溫暖,陽光來時,我們盡情的吸收溫暖,保持生命的生機和茁壯。

無名的小花,命運多舛,我們也要學會享受孤獨和寂寞,沒有人會陪我們奔走天涯,沒有人會為我們賦詩作畫,在鄙視的眼神中,我們要開出最美的花紅。雖然,無名的花朵容易被忽視,但是,我依然保持著對生活、對生命、對自然不變的熱情。

做一朵無名的小花,素雅而靈動,安靜於自己的花田,禁受時光輕輕搖曳;做一朵無名的小花,安靜也芬芳,在平凡的世界裏享受風輕雲淡,在平淡的畫卷裏,用最美的姿態,享受生命的自由和安然。

人生之中,做一個無名的小花,做一個無名之輩我看也很好,沒有大富大貴,卻有屬於自己的小美麗;沒有錦衣玉食,卻有自己的樸素清歡,微笑著入世,微笑著離世,這何嘗不是一道美麗的人生風景?  


Posted by こんなプラモデ at 12:40Comments(0)

2016年06月23日

用一朵花開的時光,守望幸福

時光清淺,歲月嫣然,攜一抹感悟於流年裏,那些鐫刻在生命平仄韻律中的溫暖與感動,便是生活留給我們的幸福痕跡。

——題記

寂寥的秋風,以一襲溫婉的姿態,輕撫著季節的容顏,明媚的秋陽,帶著光陰楊婉儀幼稚園的細碎與斑駁,溫暖著季節的薄涼。輕倚時光的門楣,看窗外楓林浸染,姹紫嫣紅,天高雲淡,秋意正濃,撿拾一片飄落在風中的落葉,夾在泛黃的書箋中,在秋的氣息中,將思緒擱淺,塵封深藏,那一抹溢在心底的暖意,便是歲月沉澱的芬芳。

一直是喜歡秋天的,喜歡它的成熟與豐盈,靈動與多彩,更多的是它帶給生命的那份沉思與厚重。秋的雋永與灑脫,就有如人生經歷了滄桑坎坷,而獲得的一種圓滿。殘紅落英,雖是一種凋零衰敗,但落葉歸根,又何嘗不是心靈的一種皈依,人生的風景,就在生命的繁華與落寂間轉換,而我們在各自的生活中,品味著生活的滄桑與無常,心就在歲月的跌宕起伏間,演繹著堅強。

迎著秋晨一縷陽光的和煦,我靜默在溫婉的時光中,心懷如秋水般瀲灩無塵,在音樂的旋律中,慢慢梳理著那些被時光遺落的音符,在一杯茶的暖意中,安享一份靜謐與安然,讓指尖淡淡的思緒,婉轉成筆下安寧的句子,將人生的悲歡,融入字裏行間,在光陰的剪影中,體會一個人的清歡。我知道,不論怎樣的經歷,都是歲月的恩賜,於是,回眸淺笑。明媚而溫暖日子,伴著書香在塵世煙火中升騰,於我,已然是滿滿的歡喜。

有多久沒有靜下心體味季節的明媚了?有多久沒有停下腳步聆聽一下心靈的聲音了?每天穿梭在人潮中,為了生活而奔波,在時光的閱歷中,看到風雨中走來的自己。我們總以為,想要的幸福,是在光陰的對岸,其實,幸福就淹沒在這流年的急景中,從未曾遠離。生命的意義,在於追求與感悟,而這個過程,就是幸福。不論時光如何流轉,有些東西永遠不會改變,那就是對美好生活的憧憬與嚮往。( 散文閱讀:www。sanwen。net )

總有一些記憶,會在某個不經意的瞬間,如約而至。深深的懂得,不是所有的故事,都會有一個完美的結局;不是所有的相遇都能在記憶的窗口留下永恆,走得最急的都是最美的風景,傷得最深的都是最真的感情。我們總是喜歡把昨天當成最美,而生活總是在希望中前行,所有的執念,待經年回眸,都只是一個淡淡的過往。或許,學會放下,心才會自由,轉身是結束,也是一種新的開始,把一切無法忘記的交給時間,也許就在生命的下一個轉角處,遇見你想要的幸福。

永遠到底有多遠?於親情而言,永遠就是安暖相陪的暖;於友情而言,永遠就是一路相隨的感動;於愛情而言,愛在當下便是永遠。其實,所謂的永遠,丈量的是心與心的距離;情與情的長短,珍惜了,便是永遠。生命總是在冷暖交加中前行,塵世間有多少風花雪月的故事,就會有多少的離合悲歡;有多少相遇與別離,就會有多少緣聚緣散,若世間所有的相遇都是久別重逢,那麼,遇見,請惜。或許每一段故事,都會蒼老,希望回憶裏的我們,一直都好。

人生,就是不斷的面對,不斷的選擇,不斷的放棄的過程。每個心跳錶人都有屬於自己的生命運行軌跡,歲月從不會因為誰的悲喜而停住腳步,花開自有花落時,對錯得失都是一種美麗。所有的失去,都在教會我們珍惜;所有的磨礪,都在教會我們懂得;曾經的疏離,不過是拈花一笑的距離,只有經歷了風風雨雨,才會有淡然的心性,靜賞繁華處,唯有暗香盈袖。用素心素筆,在流年裏畫一場浮世清歡,給時光一個淺淺的回眸;給自己一份微笑從容,讓經年的光陰溫潤了心境,那些過往的欣喜和感動,終是溫暖了我們生命的一程又一程。

張愛玲說:在這個光怪陸離的人間,沒有誰可以將日子過得行雲流水,但我始終相信,走過平湖煙雨,歲月山河,那些歷盡劫數嘗遍百味的人,會更加生動而乾淨。時間永遠是旁觀者,所有的過程和結果,都需要我們自己承擔。也曾想背起行囊,到遠方尋夢;也曾想攜半卷清詞,讓心靈在詩意中遐想;也曾埋怨命運給過太多的坎坷挫折;也曾徘徊在愛與恨的邊緣。賞過多少繁華如畫,看過多少過往雲煙,我們總會在經歷中懂得,在夢想中展望,在紅塵深處,守望生命如初的美麗。無論時光有沒有給過我們過多的期待,記得:微笑生活。

塵世間有多少種人,就有多少種對幸福的感悟。我始終認為,一個人的幸福感,不是來自豐衣足食,而是來自內心豐盈,來自安暖的心境,幸福如飲水,冷暖自知。我們總喜歡在別人的幸福中仰望,一回頭,卻發現自己正被別人仰望和羡慕著,其實幸福無處不在,一縷晨風,一米陽光,一抹微笑,都是幸福的源泉,親人的一句關愛,朋友的一聲問候,愛人為你回家留的那盞燈,都是幸福。真情的動容,一直流淌在心底,在某個薄涼的時刻,瞬間溢出,那些鐫刻在生命平仄韻律中的溫暖與感動,便是生活留給我們的幸福痕跡。

物隨心轉 境由心生。做一個溫暖的人,做一個簡單的人,做一個善良的人,做一個灑脫的人,做一個微笑常掛嘴邊的人,做一個把快樂放在心上的人。若你不能左右天氣,你可以改變心情;若你不能改變容貌,你可以展現笑容;若你不夠勇敢,你可以學會堅持;若你不夠聰明,你可以學會努力。在寒冷中學會找尋陽光的溫暖;在雨天學會為自己撐傘;在繁華處學會找尋陰涼;在喧囂中學會獨守清歡;在平凡的生活中學會詩意。珍惜每一花開,笑對每一次花落,刪繁就簡,安然生活,淺望幸福,不寫憂傷,在歲月的素箋上,寫下婉約的詩句;在時光的剪影中只做自己。

燃一盞心燈,照亮生活每一個黑暗的角落,借時光的手,暖一束日本機票優惠花開,即便會衰落,我也曾燦爛過,即便會失去,我也曾擁有過,即便會凋零,我也曾盛放過,善良著,柔和著,便溫暖著;經歷著,感念著,便幸福著,笑對風,笑對雨,走過不屬於自己的風景。心從哪里經過,花朵就在哪里綻放,用一朵花開的時光,守望幸福。若得夕陽無限好,何須惆悵近黃昏,錯過了風,我們會收穫雨;錯失了夏花絢爛,必將會走進秋葉靜美。心若年輕,則歲月不老,無論時光如何流轉,守住心中的那一季春暖花開,其實,我們想要的幸福一直都在。  


Posted by こんなプラモデ at 10:54Comments(0)

2016年06月16日

時光易逝,歲月易老,且行且珍惜

隨著時光的流逝,歲月的變遷,光陰之劍會在每個人身上都Pretty renew美容會留下刻痕,我們終將老去。生老病死 ,是所有人都不願意看到的,但每個人都必須面對的,無法逃避,無法躲閃。人人都希望自己的家人能夠健康,平安,長存世間。

但世事往往難料,“樹欲靜而風不止,子欲養而親不待”成為許多人一生最大的遺憾。不幸沒來之前,總覺得他還有大把時間,等以後自己工作了,事業成功了,再去關心家人。一次次的忽略他們,似乎,人生總也有忙不完的事,在一推再推之後,能奉養親人的時間,也隨之流逝。就這樣,當有一天不幸猝不及防的突然降臨,當頭砸下時,才悔之晚矣。無法接受,又不得不去面對。

其實他們所要的並不多,並不是非要等到你有錢了,富Pretty renew美容有了,才能孝敬他們,時間是不等人的。你偶爾打個問候的電話,他們都會高興好久,這就是父母,這就是長輩,他們只是一味的付出,從來不要求回報,只要你健健康康,平平安安,開開心心的就是他們最願意看到的。所需要的只不過是你閒暇的時候能夠陪他們談談心,聊聊天。

仔細想想,人生匆匆不過數十載,我們活著為了什麼,不斷的努力,不斷的奮鬥,其實終極目的不都是為了家人幸福,親人健康,都平平安安的在自己身邊,其樂融融,才是人生最大幸事。如果他們都不在了 ,我們即使有再大的成功,心中都會有所不快。世界上最幸福的事莫過於我們長大了,他們還年輕,我們有能力照顧他們了,他們還健在。

既然早晚會有這麼一天,那麼為什麼我們都非要等到那一天的到訪,才悔不當初呢?!何不趁親人都還年輕,都還健在,好好珍惜與他們在一起的時光,平日裏多花點時間去陪陪他們呢?對他們多點關心,多點理解,少點責怪,少點抱怨呢?!

不要總覺得時間還很多,我們還有很多機Pretty renew美容會回報他們。豈不知時間就是這樣的漸行漸遠,悄悄流逝的。一味的索取,一味的推拖,早晚有一天遺憾終生。我們無法預知未來,永遠不知道意外和幸運哪個會先一步到來,所要做的就是好好活在當下,珍惜現在所擁有的一切,去理解,關心,體貼,照顧他們。這樣即使有一天不幸降臨,我們或許依舊悲傷,但至少不會那麼遺憾。

時光易逝,歲月易老,且行且珍惜!


  


Posted by こんなプラモデ at 12:34Comments(0)

2016年04月08日

帝の事を書いたら

あっ、イケね。こんなに中途半端で終わらせちゃった。もういいかってなっちゃったもので。


余計な事を言っちゃったシュガは星読みの塔の地下で日干しの刑、もし嬰兒濕疹
くは生きながら墓場の刑に処せられていましたが、王国の闇の歴史を読み解き知らせると言う事で食べ物と水はゲット。後は研究三昧の日々です。王国の闇って言うのはだいたいアレだよね、きっと。

このドラマを見ていた時にはPC前から離れて見ていて、後からツイッターを遡って読み返したら、やっぱり同じ事を考えていた人がいました。

ートイレは・・・・・って。
上の囲みは昨年の3月26日に投稿したものです。やはり今頃は嬰兒濕疹ドラマのまとめ記事を投稿していたのですね。ドラマ視聴は私の楽しみの一つですから、その時間を結構大切にしています。

今期のドラマでは金曜日の11時15分からの「スミカスミレ」が最後の最終回になりました。

これは本当にほっこりとしたおとぎ話で終わりましたね。

松坂慶子さんが演じるスミさんの人生は、本当にやり直したいような寂しいものだったと思います。

せっかく受かった大学に、家の事情で行けなくなり、それを恥じたり行った友人を羨ましく思ったりで、友達も失い恋に踏み出す勇気もなく、65歳まで家族と暮らしてきたのです。その家族の母もなくなってしまってはたった一人ぽっち。

だから細かい所には突っ込まない事にしたって、さっ水解蛋白き言ったじゃんって、今、自分に言い聞かせました^^

と言うわけで、本当にお仕舞。

次回もチョー楽しみです♪  


Posted by こんなプラモデ at 11:14Comments(0)

2016年02月26日

元禅師が著


まだまだ寒い日差しの中に香りを放ちながら、
枝に小さな花をつけている梅を林や家々の庭に見る頃となった。
厳しい冬を打ち破っていち早く花をつけるのが梅。
梅の花は、まさに早春を切り開いているかのようでもある。

道元禅師の「梅 早春を開く」の言葉は、
そのような視覚的な捉え方ではなく、
雋景を「自己」。
早春を「人生」とあてるのがよいようだ。

そうすると、この言葉は、
『本来的自己を確立し、厳しい中にも自身の道を切り開く』と読む。

さすがに道元禅師、道の人という気になる。

風物詩で雋景言えば、
今月最初から始まった『奈良のお水取り』もいよいよクライマックス。
「おたいまつ」の火がほとばしる姿を見ると、
いよいよ春になっていくのだという気になる。
冬から春への橋渡し。
この頃は、穏やかな昼間と違い、天狗風と呼ばれる突風が吹いたりする。
激しさと穏やかなときとが交錯するような季節でもある。
梅が咲き終わると桜の季節へと変身する。

どこからか三味線の、つま弾くような撥さばきの伴奏で
江戸端唄 ♫梅は咲いたか 雋景桜はまだかいな~、、。
という歌が聞こえてきそうな頃でもある。
関西では、『奈良のお水取り』が終わったら「春」と言ったりする。

今年は寒さが厳しく、窓に結露がドッサリついていた。
冬のあいだ、毎日、窓の水取をしていた。
が、ようやく終わりとなりそうだ。
お水取りが終わったら「春」。  


Posted by こんなプラモデ at 11:38Comments(0)

2016年01月29日

という表現



意味としては、「取り扱いに慣れた、お手の物、お得意のものなどの意」をあらわす。
もともと『薬籠』とは、
「これが眼に入らぬか?!」と示す、水戸黄門などが使っている、
あの印籠のことで、たいていは常備薬などを入れているもの。
この表現は日本生まれではなく、中国の故事から誕生したもの。
その故事のいわれを簡単に紹介すると、

まず、舞台となったのは、唐の時代。
則天武后の側近として仕えていた国老の狄 仁傑(てきじんけつ)が、国を治める目的で、
広く中国から人材を募ったところ、
彼の人徳ゆえか、すぐさま優秀な人材が集まった。

友人の 元 行沖(げんこうちゅう)は、有能で博学の人物だが、応募しかねていたが、
ある日、元 行沖は、狄 仁傑に話をした、
「多くの珍味(優秀な人材) が集まっているそうじゃないか。
だけども、
そんなものばかりでは、お腹をこわすかも知れぬ。
苦い薬 (言いにくいことをズバズバ言う人間=すなわち元 行沖) を
入れてみてはいかがかな?」
と言うと、狄 仁傑はニヤリと笑い、
「君は、もうすでに『わが自家薬籠中の物』、一日もナシでは過ごせない。」と答えた。
すなわち、「もう私の意のままに動く腹心として、君は入っている」と
快く友人の元 行沖を迎えた。

言いにくいことをズバズバ言う苦い薬と言えば、
お騒がせおばさんの異名を取る ◯中真紀子氏がすぐに浮かんでくる。
彼女は、政治の舞台で、二度の閣僚となったが、いずれも良薬とはならず、
かえって、お腹をこわした感がある。

このような薬を自家薬籠に入れないに越したことはないが、
入ってしまったとすれば、三ッ葉葵の紋ではなく、
どくろのマークをつけておかなければなるまい。  


Posted by こんなプラモデ at 11:50Comments(0)

2015年12月23日

人手不足が深刻



これから超高齢化社会の到来が予想されているが、
その中で、特に介護の問題は、深刻なレベルになってきているらしい。

介護される人口は増えているのに、就労人口者は明らかに減少している。
どこもかしこも人手不足。
そこで、解決策の一つとして急がれているのが、介護ロボット。
このロ考勤ボット、
現在の状態で言えば、まだ、人間の補助段階。
話の相手をするロボットもあるが、プログラミングされた通りを
行なっているに過ぎず、
ロボットが考え、判断するところまでは出来ない。

もし、ロボットが自分で考え、自分で判断するようなことが可能となると、
重度の要介護者もロボットに任せていればいいことになる。
ところが、そのようなロボット完成すると、
独自の行動をとる詩琳黑店ようになり、
エスカレートしてロボットが、人間を支配するということにもなりかねない。

当然、その道に至らないような原則を作ることが必要となる。
さすがに、慧眼のSF作家のアイザック・アシモフは、
そういったことに先駆けて「ロボット工学三原則」なるものを
今から50年ほど前に提唱している。
それは、「人間への安全性」「命令への服従」「自己防衛」
という三つの原則をもってロボットを創造するというもの。

この原則が、常に守られるとも限らない。
思い起こせば、感情を持ったコンピュータと人間との対立を描いた
『2001年宇宙の旅』な血管瘤手術どがある。
遠い未来のSF の世界と思っていたものが、身近になりつつあるようだ。
近い将来、介護福祉士を募集すると、ロボットが応募してきた?ということも、、。  


Posted by こんなプラモデ at 12:04Comments(0)

2015年11月16日

彼の説く所によれば



よく知られた一節でもあるが、母音そのものには色彩があって、
"A" の音は黒というイメージがあり、"E" という音は白を表わすという、、
これをオレは見つけ出したんだ!というところだろう。

聴覚を色彩で表わすと言えば、異色の動物学者ライアル・ワトソンは、
動植物界や人間界における超常現象などを正面から取り上げ、
それに科学的分析を加え解いていこうというニューサイエンスの学者だった。
動物学や植物学といった地味な学問を探索40
ダイナミックなものへと変貌させた人物と言っていいだろう。

その彼が研究のためインドネシアのバリ島の調査に出掛けたとき、
そこで予知能力のある12歳の少女ティアと出会った。
この少女の不思議な能力のことについて書いているが、その一つに、
聴覚を色彩的に捉えるという個性を挙げていた。

音を色彩で表現するというのであれば、我々日本人も、今でこそ言わなくなったが、
子供や女性などの甲高い声のことを「黄色い声」という色彩的な表現をしていた王賜豪

ところが、この不思議な少女は、そんなナマ易しいものではない。楽器の音を
「ドラムが話をする時、柔らかい砂のような絨毯を地面に敷くように見える。
銅鑼(どら)の音は、緑や黄色を呼びこみ、私たちが遊ぶ森を作るの。
フルートの音は、白い糸がたなびいて、家への道を示してくれる」

彼女が何気なく話す「音」に対するこんな表現は、
詩人以上に独創的な香りに包まれている人材紹介。  


Posted by こんなプラモデ at 13:13Comments(0)

2015年09月23日

このコンピュータみたいな音楽マシーンで

ジャズジャイアント。こちらパリでは、沖至師匠、アラン?シルバ、ケント?カーターとか、私が面識のある範囲でも何人かいる。そう、ジャズの歴史に足跡を刻んだ人たち。これは半端ではない。

しかし、私のようなチンピラミュージッシャンに沖師匠は付き合ってくれる。佐藤真師匠も同じである。ありがたいことだ。まあ、多少はいいところもある、ということなんだろう。とはいえ、チンピラはチンピラにすぎない。自分を過大評価なんか私はしないよ。でも、だ。二人の師匠連に教わったことを列記してみる。

「自分のスタイルを持つ」「スピード、パワー、エモーション」「確実なテクニック、でも相対するようなはったり、挑発」「スイングする」「歌う」「センチメントと暴力」「音楽に対して真面目」と諸々があるけれど、りゃ、「確実なテクニック」を除くと、この裕鑽石能量水 問題センセは、その他をカバーしているような気もするような、しないような、でも、する。裕センセのピアノのモットーはね。
たまたま居合わせた刑事が不審に思い追求していく。

刑事が追っていたのは、今はゆくえが杳としてわからないナチスの若い気鋭の将校。
わかっているのは、時計マニアであること。
そして、この若い大学教授も古くからこの街にある時計を修復している。
一本の線のようにつながり、刑事が追いつめていくと韓國 泡菜いうストーリー。
オーソン・ウエルズはこのような心理的にハラハラさせるものを得意としていた。
追い込まれていく時の表情が何とも言えずイイ!

この映画の中で”鳩時計”について語るシーンが出てくる。
オーソン・ウエルズが皮肉がたっぷりに語るセ品牌聲譽管理リフは、なかなかシャレている。「イタリアでは、30年の圧政下でミケランジェロ、ダヴィンチなどの
ルネッサンスを生んだ。
スイスは、五百年の長い平和の中で何を生んだんだ?!

  


Posted by こんなプラモデ at 18:38Comments(0)
< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最近のコメント
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
こんなプラモデ